0854e799.jpg


1ef3871f.jpg


阪急北千里駅にて。

北千里といえば、日本初の自動改札機。1967年千里線北千里開業時に、日本で初めてとなるオムロン製の自動改札機が設置されました。

北千里駅は千里線の終点であるが、ホームは頭端式でないのが興味深いです。ここから先、箕面市粟生方面へ延伸する計画を見据えたものと見ることができるが、1970年開催大阪万博に対応した増便により、留置線を追加するためでもあったのです。

駅前にはイオンなどの商業施設があります。かつて大丸ピーコックもあったが、イオンに吸収統合される形で閉店。