カテゴリ:街角点描・地域別【北摂・神戸・兵庫南部】 > 阪神1【西淀川・尼崎・西宮・芦屋】


P8020020

西宮港にて(2005年)。

阪神西宮駅から南へおよそ1kmのところ。西宮は酒どころで全国的に知られ、港周辺には酒造工場や酒蔵(白鷹・辰馬本家、ほか)が軒を並べます。酒蔵のある港町は、そう多くないでしょう。

この辺りはかつて、白砂青松の浜辺の景色が広がっていたようです。西宮は小説家・村上春樹(1949-)ゆかりの地であり、美しい浜辺の風景を眺めながら育ったことでしょう(生誕地は京都市伏見区。よって春樹は酒どころで生まれ育ったことになりますね)。

さらにもう少し南に進むと、西宮ヨットハーバー、御前浜公園、波止場があり、向かいには人工島・西宮浜が浮かんでいます。


P5130004

P5130003

「尼崎市営バス」時代です。

尼崎市営バスは阪神バスに譲渡されました。ただ、旧市営バス路線は、他の阪神バス路線とは車両塗装の区別がなされています。

JR尼崎駅前はJR神戸線(東海道本線)・JR東西線・JR宝塚線(福知山線)のジャンクションであり、乗り換えの利便を図るため、新快速や特急【こうのとり】が停車します。一昔前は、JR神戸線は普通電車しか止まらず、大阪駅から10km以内の圏内なのに、やや寂れた感じの駅でした。しかし、JR東西線(京橋-尼崎)の開通に合わせて、駅舎・ホーム大改築が施され、立派なターミナル駅に大変貌を遂げました。


P3180045

P3180044

阪神電車なのに「巨人カラー」が並んでいますね(^-^)
 


P5030021a

P5030022

阪急夙川駅(神戸本線・甲陽線、兵庫県西宮市)で途中下車して、ダイエーグルメシティの建物(夙川グリーンタウン)に寄り道したときです。

下の画像の電車は8000系トップナンバー!

夙川駅は夙川の上にホームが設置されています。ホーム隣には松林が生い茂り、森林浴を楽しむこともできますね。

夙川の上にある駅は、JRさくら夙川駅、阪神香枦園駅もあります。


阪神大物駅東にある小田南公園。

阪神本線となんば線の分岐地点にあたる三角地帯となっています。

トレインビューのスポットでもあり、阪神・山陽・近鉄の車両たちが楽しめますね。

DSCN7112
阪神なんば線をゆく近鉄シリーズ21

DSCN7111
黄色に色づく銀杏の並木

DSCN7116
阪神本線ジェットカー5500系?

DSCN7117
広々としたグラウンドで草野球が楽しめる

DSCN7122
近鉄電車といえば、やはりコレだろう

DSCN7124
阪神本線9300系

DSCN7120
銀杏の木と阪神9300系を絡めてみた



309042ac.jpg


西宮北口に停車中の今津(南)線今津行き6100系。

今津南線は阪急神戸本線西宮北口と阪神今津を結ぶローカル線。3両編成のワンマン車で運用されます。途中、「阪神国道」という駅が存在するが、阪急の駅なのに「阪神」を冠するということで、ネタになっているようです。

かつては、今津北線と宝塚まで1本の「今津線」としてつながっていました。西宮北口では神戸本線とダイヤモンドクロス(平面交差)で、阪急西宮球場(→西宮ガーデンズ)とともに名物の情景でした。平面交差廃止に伴い、今津線は西宮北口で北と南に系統分断。まるで別の路線のようになってしまいました。


P5070058

P5070059

阪神武庫川線の終点・武庫川団地前(西宮市)(2005年)。

阪神唯一となった「赤胴車」が武庫川線で運用中ですが、今年5月ごろ5500系に置き換えられる予定。「阪神タイガース」・「阪神甲子園球場」をテーマにしたデザインが各1編成ずつ投入されます。阪神唯一の片開き扉・7890形は引退します。

武庫川団地前駅の開業は1984年。それまで洲先(すざき)が終点だったが、武庫川団地まで1駅海側へ延伸開業しました。そのあたりの経緯について、実はなかなか複雑であり、現在の武庫川団地前駅とほぼ同じ位置には、旧・州先駅(1943年開業)が設置されていました。州先駅からは武庫川を渡って尼崎市内の前大浜まで結ぶ予定だったが、未成線に終わりました。戦後(1948年)の運転再開時に州先駅は内陸側の現位置へ移転。その後、現在の武庫川団地前駅の場所に武庫川車両(→阪神車両メンテナンス)工場が立地するようになり、阪神の車両は武庫川線経由で搬入されていたようです。武庫川車両工場は1983年、西宮市鳴尾浜に移転となり、翌年の武庫川団地前駅開業に至ります。


6b46bbaf.jpg


05689f7f.jpg


P8280013

阪急神戸本線と甲陽線の接続する夙川駅(西宮市)。
西宮北口から神戸三宮方へ一つ目の駅で、特急が停車。
駅ホームは夙川の上に設置されています。
山の手の閑静な住宅街らしい雰囲気で、ホーム傍に生い茂る木々の緑が萌えます。 

夙川といえば桜と松で有名。
河川敷の夙川公園は、松と桜の並木が続き、阪神間有数の景勝地として知られます。
夙川の桜は「日本さくら名所100選」に選ばれています。
甲陽線は夙川の流路に沿うミニ・ローカル線で、山麓の高級住宅街・甲陽園と結んでいます。

夙川の上または付近にある駅に、JR神戸線の「さくら夙川」、阪神本線「香枦園」もあります。


DSCN7106a

イオン尼崎。

園田橋線と山幹通りの交点、次屋交差点南東角に立地しています。
交差点の北側には名神が東西に伸びています。
先日、ここを通りがかり、寄ってみました。

2階建てのかなり広い店舗で、食料品売場がなぜか2階にあり、やや変則的です。
イオンの東隣にはコストコが。
比較的新しいタイプの店舗のようだが、前はここに何があったのでしょうか?



10e00886.jpg


d1f990a4.jpg


この秋、バイクでたまたま通りがかった尼崎市杭瀬本町の商店街。

杭瀬(くいせ)は大阪梅田から阪神電車(普通)で13分、
神崎川と分流の左門殿川を渡り、大阪・兵庫府県境を越えてすぐのところです。

「杭瀬」という地名の由来は、文字通り、海岸に杭を打ち並べた土地のようです。
付近には、「長洲長州」「潮江」「浜」「尾浜」など、水辺を連想させる地名が多く、
かつて大阪湾の海岸がこの辺りだったと想像されます。
現在の海岸線は、人工島埋め立てにより、南へ食い込んでいますね。

杭瀬近辺の神崎川~左門殿川沿岸には、王子製紙や塩野義製薬、レンゴーなどの工場が立地。
尼崎市には製紙・印刷・化学・鉄鋼・電機・製薬その他、さまざまな工場が集積しています。

杭瀬の商店街へは、阪神杭瀬駅から北へ徒歩5分、国道2号線を跨いだところにあります。

東西に連なる杭瀬一番商店街が、地域で一番賑わうようですね。
別の機会に、杭瀬で途中下車し、じっくり探訪したいと思いました。


8dba96ed.jpg


8f5f420c.jpg


2f8c0ac7.jpg


近くに北港ヨットハーバー、USJ、舞洲などがあり、マリンスポーツも楽しめそうなところです。
大きい川のある景色に出会うと、なぜか躍動感を覚えます。対岸の西淀川区や尼崎方面には、六甲の山並みをバックに、煙突のある工場などが群がり、臨海工業地帯らしいですね。
そういえば、阪神なんば線の淀川橋梁は「水面すれすれの橋」として知られるが、浸水を防ぐために付け替え工事が始まろうとしています。




R309

私個人的に、兵庫・大阪r41(十三筋~なにわ筋)と松虫通をR309に編入し、新しい紀伊半島縦断国道にしたらどうかと考えています。

大阪北部・北摂・兵庫の住民にとって、奈良県、特に南部の吉野・大台ケ原・十津川や紀伊山地方面(そして三重県熊野・東紀州)は、交通の不便さゆえ遠い世界に感じられるかもしれません。もっとも、ドライブコースに高速道(近畿道、西名阪、南阪奈ほか)をうまく選べば、さほど遠くはないでしょう。それでも、仮に北摂・阪神地域と奈良県南部が一つの一般国道で結ばれるとなれば、両者の地域どうしがもう少し身近に感じられ、観光客の呼び込みにプラスの効果が生まれるように思います。

伊丹市~大阪市(十三、なにわ筋、松虫通)~R309(千早赤阪、御所、黒滝、天川、上北山)~熊野市のルートをトレースすることを念頭に、沿線風景の写真を集めてみました。

8f145d61.png

国道309号+α ルート
兵庫県伊丹市~尼崎市~大阪市(十三筋・なにわ筋・松虫通)~R309~
奈良県天川村~上北山村~三重県熊野市

eea0bbc9.jpg

伊丹市北村交差点(R171、兵庫r13交点)
r13(産業道路)を直進
この地点をR309起点(終点)と考えてみる

6f8d556b.jpg

ロックシェッドの伊丹坂トンネル(伊丹市)
北行き(川西・猪名川方面)車線のみに開削
南東へ100km以上も離れた奈良県の行者還トンネルなどに比べたらかわいいもの

55329379.jpg

伊丹郵便局前交差点にて
案内標識の「13」ヘキサの代わりに、「309」おにぎりマークだったら・・・

92c3e7b5.jpg

尼崎市 猪名寺交差点(兵庫・大阪r41)
南町交差点で産業道路から離脱
西側500m手前にJR福知山線の踏切が

071e1dd0.jpg

r41のやや狭隘な区間(尼崎市南清水)
仮にこの道がR309だとするなら、どうだろうか?

ee16ad22.jpg

御園団地(尼崎市)
国道指定されても違和感ないほどの道幅はある

decdd961.jpg

阪急神戸線の踏切
仮に兵庫・大阪r41がR309に昇格されたとするなら、
兵庫県区間においてもなかなかの「酷道」と言えるかもしれない

f2e6b0b8.jpg

神崎橋(兵庫・大阪府県境)を渡る阪急バス阪北線(2018年)
府県境を越境するバス路線は免許維持化された

d0a70d0f.jpg

神崎橋より北摂・六甲の山並みを眺望

36a7dfff.jpg

神崎橋の北側には山陽新幹線も見れる
尼崎市~大阪市淀川区においては山陽新幹線と絡み合う

dbacfdc0.jpg

十三筋西行き用の距離標識(大阪市淀川区加島)
兵庫県の都市名が並ぶ1枚の標識に「309」おにぎりマークが入ったら・・・

0be7aa72.jpg

「なにわ筋」として高架のJR福島駅(大阪環状線)下を抜ける
下の踏切は単線の梅田貨物線で、新大阪発着【くろしお】【はるか】などが通過
JR福島駅から南200mへ進んで浄正橋交差点(R2交点、阪神本線福島駅・JR東西線新福島駅前)

DSCN4545

DSCN4546
なにわ筋に面する靭公園(大阪市西区)

02910e21.jpg

阪堺電車上町線をクロス(大阪市阿倍野区)
北方(画像右側)にあべのハスカルが

eb196655.jpg

大和川橋梁区間(大阪市平野区瓜破)
旧道・高野大橋東側より撮影
R309現道は阪神高速松原線の下

cb339557.jpg

富田林市のランドマーク PL塔
花火芸術大会でも有名

c4be8108.jpg

大阪府唯一の村・千早赤阪村の水越峠区間
千早赤阪は楠木正成公の生誕地

cd5acf9a.jpg

R24京奈和バイパス交点に新しく設置された道の駅「御所の郷」
ここから明日香村にも近い

bb6d9b59.jpg

奈良県唯一のJR駅弁販売駅・吉野口の駅弁屋(御所市)
R309旧道と吉野口駅前通りとの角に面している
駅構内での販売は廃止された
吉野口駅ではJR和歌山線と近鉄吉野線が接続

abbad69e.jpg

道の駅 吉野路 黒滝
串こんにゃくが美味い!
いよいよ紀伊半島縦断国道の色合いが濃厚に

3944d4b9.jpg

長いトンネル2本を抜けて天川村(川合交差点)
ここから奈良r53を西に入ると大塔・十津川・野迫川へ

9fb9781c.jpg


6fe42b63.jpg

行者還トンネル・上北山村への案内標識


ae135076.jpg

これよりR309は林道「酷道」区間へ突入
この先には険しい紀伊山地が広がり、一寸先は闇なり

143cd266.jpg

みたらい渓谷

29a6f8a3.jpg

素掘の小さいトンネルが紀伊半島の「酷道」を感じさせる

14854a27.jpg

川迫川渓流 熊野川(十津川)水系上流域にあたる
林道「酷道」はまだまだ続く

b0f09e63.jpg

R309の最高峰 行者還トンネル西坑口
標高1200m(生駒山の2倍、六甲山・比叡山をも上回る高さ)

0353b770.jpg

ナメコ谷(上北山村)
急峻な大峰山脈を実感

c15fc300.jpg

「酷道」区間でも国道標識(おにぎり)はしっかり立ってる

1994d7fc.jpg

上北山温泉(R169重複区間)
上北山村には柿の葉寿し「ゐざき」の本店がある

3aef8383.jpg

下北山村のR169・425交点付近に設置される案内標識
近畿最強の酷道・R425とも少し重複

f50ada2e.jpg


48dfb324.jpg

奈良県・三重県県境(R169重複区間)
北山川対岸の和歌山県飛び地・北山村と合わせて「三県境」

b1e5d814.jpg

熊野市五郷
R169とR309が再び分かれる

d8fcf2a9.jpg

JR紀勢本線新鹿駅
特急【南紀】は通過、普通列車の本数は少ない

fd851d67.jpg

新鹿海水浴場
快水浴場100選にランクインしている
京阪神からは遠くて馴染み薄いかもしれないが、穴場の海水浴場と言える

696a8ef6.jpg


b5eb2ada.jpg

熊野灘の複雑なリアス式海岸と漁村
(R311熊野市~尾鷲市)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【New 国道309号 Data】

◆通過市町村
(兵庫県)伊丹市、尼崎市
(大阪府)大阪市<淀川区、北区、福島区、西区、浪速区、西成区、阿倍野区、東住吉区、平野区>、松原市、堺市<美原区>、富田林市、河南町、千早赤阪村
(奈良県)御所市、大淀町、下市町、黒滝村、五條市(西吉野村)、天川村、上北山村、下北山村
(三重県)熊野市、尾鷲市

◆接続・重複国道
R171:(伊丹市北村交差点)
R173(※1):(大阪市淀川区加島交差点)
R176:(大阪市淀川区十三~北区中津浜)
R2:(福島区浄正橋交差点)
R172:(西区靭本町1交差点)
R43:(浪速区中開交差点)
R26:(西成区岸里交差点)
R371(※2):(阿倍野区松虫交差点)
R479:(平野区平野警察署西~瓜破)
R166(※3):(松原市)
R170:(富田林市新家交差点)
R170(旧):(富田林市川西南交差点)
R24・168:(御所市室)
R24バイパス:(御所南IC)
R370:(大淀町吉野警察署西~岡崎)
R169:(上北山村天ヶ瀬~熊野市五郷)
R425:(下北山村池原~上池原)
R42:(熊野市小阪~飛鳥小学校北)
R42(熊野尾鷲道路):(熊野市熊野新鹿IC)
R311:(熊野市新鹿~尾鷲市新矢ノ川橋西)
R42:(尾鷲市新矢ノ川橋西交差点)

◆接続・交差高速道路
名神:(尼崎市下坂部にて交差)
阪神高速11号池田線:(淀川区加島にて交差)、(福島区・福島IC)
阪神高速13号東大阪線:(西区阿波座1にて交差)
阪神高速15号堺線:(浪速区幸町1にて交差)
阪神高速14号松原線:(東住吉区文の里にて交差)、(地下鉄平野駅~松原市三宅IC間並行)
阪和道:(堺市美原区・美原東IC)

◆接続・並行・交差鉄道
(JR西日本)福知山線、山陽新幹線、JR東西線、東海道本線、梅田貨物線、大阪環状線、阪和線、和歌山線
(阪急)伊丹線、神戸線、宝塚線、京都線
(阪神)本線、なんば線
(京阪)中之島線
(大阪メトロ)中央線、長堀鶴見緑地線、千日前線、四つ橋線、御堂筋線、谷町線
(南海)汐見橋線、南海線、高野線
(近鉄)南大阪線、長野線、吉野線
(JR東海)紀勢本線

◆主な施設・ランドマーク
伊丹市公設市場
阪神運転免許更新センター
伊丹市立美術館
小西酒造旧本社
阪急バス伊丹営業所
園田競馬場
三菱電機伊丹製作所・先端技術総合研究所
イオン尼崎
神崎浄水場
阪急バス加島車庫
JR加島駅
阪急十三駅
大阪シティバス中津営業所
新梅田シティ
ザ・シンフォニーホール
JR福島駅
阪神福島駅・JR新福島駅
ABCホール
京阪中之島駅
大阪市立科学館
靭公園
JR難波駅・OCAT(湊町)
JR芦原橋駅
天下茶屋駅
(住吉公園)
(住吉大社)
(長居公園)
松原市役所
黒姫山古墳
堺市美原区役所
フルタ製菓工場(→大阪r35)
PL学園・平和記念塔(→大阪r35)
道の駅 かなん
御所の郷(御所南IC)
吉野口駅
近鉄下市口駅
下市町役場
道の駅 吉野路黒滝
天川村役場
洞川温泉(→奈良r21)
みたらい渓谷
行者還トンネル
道の駅 吉野路上北山
上北山温泉
上北山村役場
池原ダム
下北山スポーツ公園
JR新鹿駅
新鹿海水浴場
JR二木島駅
JR賀田駅
おわせ深層水しお学舎
三木里ピーチ
JR九鬼駅
九鬼漁港


(※1)大阪市西淀川区(R43交点)~【大阪r10】~池田市~綾部市~【京都/福井r1】~小浜市~敦賀市
(※2)茨木市(名神茨木IC)~【大阪r14】~大阪市北区~【大阪r30】~【大阪r61】~河内長野市~高野町~田辺市龍神~中辺路~串本町
(※3)堺市(R26交点)~【大阪r12】~羽曳野市~葛城市~桜井市~宇陀市大宇陀町~松阪市


7f5970c6.jpg


写真の道路は主要地方道r41・<大阪伊丹線>です。
閑静で落ち着いた住宅街・団地の雰囲気がいい感じですね。

昨年夏、私に考えがあって、朝早い時間にバイクでこの道を走らせてみました。目的地は・・・。


5027f5ba.jpg


白鹿西宮工場です。
2005年夏、西宮の海岸沿いをぶらり散策した時です。
「スルッとKANSAI 3Dayチケット」を使って、阪神西宮駅から南へ徒歩だったと思います。 このあたりに酒ミュージアム(記念館、酒蔵館)などもあります。施設見学などはせず、ただ歩き回るだけだったが、その後、再び阪神電車に乗って神戸へ向かい、UCC博物館(ポートアイランド)を見学したものと思います。


9ad1637d.jpg


阪急夙川駅(西宮市)にて。
西宮北口から神戸本線神戸三宮方へ一つ目、ここから支線の甲陽線が夙川に沿って、山麓の甲陽園へ直角に伸びています。

夙川は阪神間の高級住宅街として有名。谷崎潤一郎が松子夫人とであった根津家の邸宅があったことでも知られ、阪神間屈指のお屋敷町でもあります。まさに、富裕層の街ですね。付近にはカトリック夙川教会聖テレジア大聖堂があり、関西におけるバロック音楽、古楽のメッカとなっています。


e98182c7.jpg


園田-塚口間のある踏切でプチ撮り鉄してみました。


d10f1893.jpg


f27e43ca.jpg


大阪・兵庫r41(大阪伊丹線・十三筋)の神崎橋は何気に撮り鉄スポットだと思いました。
ちょうど南側(下流)のJR東海道本線(神戸線)・東西線、北側(上流)の山陽新幹線に挟まれた地点にあり、両側の鉄道写真が狙えるという面白い場所です。
また、阪急バスが梅田から十三経由神崎橋西詰の「西川」(免許維持路線として阪急園田)まで運行されています。

私個人的に、このr41(十三筋~なにわ筋)を大阪市南部の松虫通とともにR309に編入し、伊丹市と奈良県南部の天川村・上北山村、そして東紀州の熊野市を結ぶロングラン3桁国道にしたらどうか、と考えています。


尼崎市定光寺(阪神バス「古川」バス停前)でJR神戸線・東西線のプチ撮り鉄に挑戦してみました。
なかなか好条件の場所だと思いました。

7fec0fbc.jpg

JR東西線から?の207系普通・西明石行き

bda7ba03.jpg

223系下り新快速の後追い

d91c72d5.jpg


d8eea5e9.jpg

9ce580df.jpg

下り貨物列車


0d9b81cf.jpg


阪神武庫川駅ホームより撮影。
武庫川駅は、その名前の通り、武庫川の真上に阪神本線の駅ホームがあります。
ホームからの眺めはとても綺麗で緑も多く、一つのオアシス空間です。
改札口は左岸の大阪方(尼崎市)に設置されています。
この駅の神戸方(西宮市)より武庫川右岸沿いの支線、武庫川線が海岸寄りの武庫川団地へ伸びています。

阪神間では川の上にホームのある駅が結構多く、

阪急神戸線(夙川、芦屋川)
阪神(香枦園、芦屋、石屋川、大石)

があります。


aa8b3fc0.jpg


d2a0b889.jpg


阪神尼崎駅西の商店街・中央一番街にある「手打ちうどん こんぴらさん」。
いかにも讃岐うどんのお店と思わせる名前ですが、値段も安くて雰囲気はいかにも関西風立ち食いうどんの店といった感じです。ただし、テーブルに座って食事することができます。その代わり、ねぎ・天かすはセルフサービスとなっているのが面白いです。




↑このページのトップヘ