カテゴリ: 街角点描【建物・町並み・景観】


たぶん兵庫県三木市(旧・吉川町)だったと思います。

三木市は金物・酒米・ゴルフのまち。特に日本一の酒米とされる「山田錦」の生産量が全国トップを誇ります。

現在の「山田錦」は1923年に登場した品種(命名されたのは1936年)。明治以来、兵庫県の農事試験場で品種改良を重ねた結果、この「山田錦」が奨励品種に指定され、酒米のエースに躍り出ました。「山田錦」は、大粒で心白が大きく、たんぱく質(雑味のもとになる)が少ないという特性を持つことから、酒造に適した米品種とされています。

三木市を中心とする六甲山地の北側は、「山田錦」の生産敵地とされます。その理由は、温暖で日照時間が長く降水量が少なめの一方、夏季の気温の昼夜差が10℃以上に達する気候条件、マグネシウム・リンや水分の保持力が高く、根が伸張しやすい粘土質の土壌にあるとされます。

DSCN1521

DSCN1523

DSCN1524

 


P4160036

かつて大阪・天六(天神橋筋六丁目)にあった関西大学天六キャンパス。所在地は大阪市北区長柄西1丁目でした。当キャンパスは関大最初のキャンパスとして、昭和初期の1929年開校。新京阪(→現在の阪急京都線ほか)のターミナル・天神橋駅すぐの場所にあって、交通の便利な立地でした。高度経済成長期に千里山キャンパス(吹田市)開校&本部機能移転後も、天六には夜間部が存続、働きながら学ぶ苦学生を支え、関西の政官財界や法曹界に多数の人材を輩出してきました。

天六キャンパスは2014年に閉鎖され、一等地の梅田に移転しました。跡地は高層マンションに変わったようです。

実は2005年ごろに一度だけ、天六キャンパスを訪れたことがあります。ちょうど桜満開の頃でしたね。

* * * *

旧・天神橋駅は、現在の天神橋筋六丁目駅(地下鉄堺筋線・谷町線、阪急千里線)がその役目を受け継いでいます。旧・天神橋駅の入っていた「天六阪急ビル」は2010年まで健在だったが、これも取り壊されてしまいました。

DSCF0011
天六阪急ビル(表側)
P4160044
天六阪急ビル(裏側)
天神橋駅ホーム屋根の痕跡が残っていた

天六には、このほか阪神北大阪線という路面電車(廃止)の終点でもあり(免許維持路線の阪神バス北大阪線はその成れの果て)、交通史における興味深いエリアポイントです。

* * * *

天六周辺の見どころに、天神橋筋商店街(=「日本一長い商店街」)、扇町公園、長柄東公園、毛馬桜ノ宮公園(大川リバーサイド、大阪市内屈指の「桜の名所」!)などがあります。


awajishima1979-3

確か車で淡路島へ連れて行ってもらったときと思います。当時まだ明石海峡大橋の姿形もなく、神戸港から淡路島&四国へのフェリーが多かったでしょう。

神戸発着のフェリーといえば、小学校の遠足のとき、大阪北港まで乗船し弁当食べたことを思い出します。


DSCF0007

DSCF0004

これぞ大阪を代表する風景でしょう。

インバウンド・バブル前夜の頃で、まだ比較的平静を保っていたと思います。「グリコ」や「かに道楽」などの広告ネオンサインは、商都・大阪のシンボルでしょう。ふぐ料理の「づぼらや」は、残念ながら消えてしまいましたが。

阪神優勝のときには、「道頓堀ダイブ」という習慣もあるようですね(最初に飛び込んだのは落語家・桂福若だったようです)。


P8280025

姫路駅前大通りを歩いて目に留まった趣のある建物。姫路駅から姫路城に向かって徒歩2分の場所です。

旧・三和銀行姫路支店で1959年建築。この建物は結婚式場として活用され、新たな人と人との出会いの感動スポットになっています。その隣は名物・穴子寿司のお店のようですね。

大通りの向かいにはヤマトヤシキという百貨店があったが、3年前に閉店。確か一度だけヤマトヤシキに寄ってみたことあったが、目ぼしいものはなかったと思います。


P3130026

P3130025

確か早稲田大学西早稲田キャンパス近くの戸山公園(新宿区)だったと思います。研究会等で時々ここを訪問させていただいたことがあります。

都立戸山公園は明治通りを挟んで、大久保地区(西側)と箱館山地区(東側)に完全に分かれています。箱館山は江戸時代に作られた築山で標高44.6m(山手線内では最高標高地点)で、桜の名所。

近く新大久保はコリアタウンで有名です。コリアタウンは全国に数多く点在するが、新大久保が最大規模のようです。大阪には生野区・鶴橋の近くにありますね。
 


寝屋川市のJR学研都市線(寝屋川公園-星田間)沿いにある大阪病院。ここは現在閉鎖中であり、解体されるようです。

東高野街道(大阪府道20号)を走る京阪バスに「大阪病院前」バス停があるが、来月のダイヤ改正で改称予定です。

DSCN8697

DSCN8700



DSCF0093

枚方市北山にある大阪工業大学枚方キャンパス。

国会議事堂を模した建物で有名です。近くに同じ学校法人の摂南大学キャンパスが存在します。

この周辺には将来、新名神が開通する予定で、北山~家具団地界隈の風景も大きく変わりそうですね。


DSCF0042

DSCF0044

交野市星田西に広がる高台の住宅団地、コモンシティ星田。

生駒山系の中腹にあり、寝屋川市街地~北摂方面の眺望が良好です。JR星田駅から京阪バスが乗り入れています。

団地内には「リニアパーク」という珍しい名前の公園があるが、帯状公園という意味で、かつてここはゴルフ場だったようです。

寝屋川市・四條畷市との境界がやや複雑に入り組んでいる地点であり、寝屋川市の飛び地も存在します。

ここ2年ほどの間、星田駅前の再開発が進み、町の風景も一変しそうですね。


DSC_0011

DSC_0013

DSC_0012

大阪市住吉区長居東にある保利神社。

長居公園・植物園から南へ100m、東住吉区(公園南矢田)との境界に鎮座しています。この近くで用事を済ませ寄ってみました。

「保利」の由来は、昔堀村の神社だったことから、万葉仮名で書いて「保利」になったそうです。もとは牛頭天王社と呼ばれていました。


P9090083

寝屋川市池田西町にある寝屋川市立総合センター。

この館内には中央図書館が入っていましたが、2018年大阪北部地震の被害を受けたため閉鎖。中央図書館は寝屋川市駅前のアドバンスねやがわ1号館へ移転することになり、2021年8月にオープン。駅チカなのでとても便利になったものと思います。

総合センターは来年から解体工事が始まる予定です。
 


広島県福山市・鞆の浦にて。

鞆の浦は瀬戸内海の中央部に位置し、古くから潮待ちの良港として栄え、漁業が発達。福山を代表する観光地の一つであり、ノスタルジックな町並みの佇まいが印象的でした。

鞆の浦のシンボルといえば、あの高い常夜灯。現存する江戸時代の港湾施設の1点であり、海上安全を見守ってきた「神様」です。

JR福山駅からトモテツバスで30分です。

tomo001

tomo027

tomo013

tomo009

tomo007




DSCN6370

JR茨木駅前から万博記念公園を結ぶ通りにて。

ビル群の谷間を阪急バスや近鉄バスが行き交い、賑やかな都会風景ですね。

1970年大阪万博開催時には、この通りに何十台ものバスを走らせ、全国各地から大勢の入場者を迎えたことでしょう。


DSCN6287

DSCN6288

DSCN6289

京都競馬場は現在、改修工事中のため休場です。再開は2023年春の予定。休場中のレースは阪神競馬場ほか全国の競馬場で代替開催されます。

休場中は京阪電車の淀駅臨時停車(急行)やシャトルバスの運行もなく、寂しいですね。


P2060014

京阪樟葉駅前、くずはモールの旧・西館です(2011年撮影)。

この建物にはかつて松坂屋が入っていました。松坂屋といえば名古屋・東海系列の百貨店ですが、なぜか京阪沿線の天満橋(大阪店)とくずは(枚方市)にも出店。大阪店・くずは店はいずれも閉店で、関西地区に現存する松坂屋は高槻店のみ。

旧・西館は地階~3階までの4フロアがあり、ガラス越しのエレベーターが何気に惹かれるポイントでした。3階レストランでは外の景色を一望しながら食事を楽しむことができ、屋上に遊園地やビアガーデンもあり、小ぶりながら昭和のデパートそのものでした。

松坂屋閉店(2004年)後、2005年のくずはモールのリニュアルオープンの際に西館として活用されることになり、地階にはユニクロが入っていました。 しかし、この建物も2012年に取り壊され、新しい本館ハナノモールに建て替えられました(本館ミドリノモールと連結一体化)。


P4200038

P4200036

兵庫県尼崎市、武庫川リバーサイドにある市立西武庫公園(武庫元町)。

公園内の道路に信号機や道路標識が立っています。日本初の交通公園でもあり、遊びながら交通ルールを学ぶことができるようになっているようですね。ここはもとは兵庫県立の公園だったが、尼崎市への委譲に合わせ2012年にリニュアルも施されました。西武庫公園は尼崎市屈指の桜の名所であり、四季折々の自然が豊かで、初夏には蛍を楽しむこともできるようです。
 


DSC_0050

日本ノート(旧・アピカノート)枚方工場(枚方市春日北町)。

アピカノートといえば、学習帳などを中心とする文具紙製品メーカーでお馴染みでしょう。このような身近な文房具を作っている工場が枚方市にあるのは、地元民として誇らしく思います。

その枚方工場が2021年8月で閉鎖するとのことです。日本ノートはベトナムに初の海外生産拠点を開設、これに伴い国内生産は岡山工場に集約する計画のようです。


genbaku-dome-1998-1

1945年8月6日広島に原爆が投下され、多くの尊い命を奪われました。あの日から76年を迎えました。原爆ドームは広島市の代表的な観光スポットですが、あの日の記憶を未来に語り継ぐための歴史的な重みがあることを忘れてはなりません。亡くなられた方々のご冥福と平和を願い、ここに黙祷を捧げます。


DSC_0055

京都府八幡市にある達磨堂円福寺。

円福寺は日本最古の達磨大師坐像で知られ、中風封じにご利益があることで有名。普段は修行のお寺ですが、年2回の万人講(4月20日、10月20日) のときだけ一般参内が認められ、達磨大師坐像が公開されます。

円福寺は大阪府枚方市との境界、国道1号線(枚方バイパス)の洞ヶ峠の近くにあり、境内地の一部は枚方市に跨っているようです。交通アクセスは京阪バス「枚方ハイツ」から徒歩5分。万人講の日は樟葉駅から円福寺まで直通バスが運行されます。

ちょうど国道1号線の脇に萱葺き屋根の「洞ヶ峠茶屋」が佇んでおり、往年の洞ヶ峠の面影を辛うじてとどめています。ぼたもちが名物で、結構な大きさのようです。


DSCN8039

「孔舎衙」は「くさか」と読みます。難しい読み方ですが、『日本書紀』や『古事記』に記されている古い地名です。この学校の所在地は東大阪市日下(くさか)町で、国道170号線旧道(東高野街道)沿いにあります。「日下」の読み方もこれまた難しいですね。

孔舎衙小学校は1875年(明治5年)現在地に「堺県河内郡第1学区公立 日下小学校」として創立・開校。2024年には創立150年目の節目を迎えます。

↑このページのトップヘ