カテゴリ:街角点描・地域別【名古屋・東海】 > 愛知県2【三河(豊田・岡崎・豊川・豊橋)】


89dc570f.jpg


bf7f4a64.jpg


d8c28837.jpg


69a265b4.jpg


2004年、愛知県豊田市足助町への視察旅行に参加させて頂いたときのものです。
足助町といえば、中馬のお雛様で有名です。
ひな祭りのシーズンを迎える頃なので、お雛様の写真を適当にアップしました。


6aa0cd29.jpg


021c014a.jpg


豊橋駅の名物駅弁、稲荷寿司。
2010年冬、アルプラザ京田辺の催事で購入しました。

豊橋駅の稲荷寿司は明治22年販売開始のロングセラー。
レトロな掛け紙と紐がいい感じです。

豊橋の稲荷寿司は豊川稲荷 にちなんだ物とのこと。ただし、豊川稲荷は神社ではなく寺院ですね。


2e5b5ee1.jpg



93450a56.jpg


愛知県豊田市足助町にある香嵐渓(こうらんけい)。

13年ほど前の早春、某団体の関係で、足助町への日帰り巡検のバスツアーに参加したときのものです。

足助町は三遠南信(三河・遠州・南信)と呼ばれる愛知・静岡・長野3県境付近の一角にあたり、これらの地域は歴史的に結びつきが強いです。
三河湾でとれた塩を信州の山奥へ運ぶ「塩の道」の中継点として栄え、今も残る江戸・明治期の白壁の家並みが当時の歴史を伝えています。私が訪問した時期は、ちょうど「中馬のおひなさん」が開かれ、各家々のひな人形が披露され賑やかでした。

足助町の景勝を代表する香嵐渓。
香嵐渓は矢作川支流巴川が作る渓谷、紅葉やカタクリの花などが有名です。
香嵐渓のルーツは、香積寺の三栄和尚が、巴川から香積寺に至る参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりとされています。

898182d9.jpg



↑このページのトップヘ