カテゴリ:街角点景・地域別【東京・関東】 > 千葉県


naruto1991

千葉県山武(さんむ)市のJR成東駅。

総武本線と東金線の接続する、北総東部の一つの拠点駅です。国鉄時代のレトロな駅名標が残っていました。

日本有数の砂浜海岸である九十九里浜に近く、山武杉やイチゴなどが盛んです。

当日の乗車ルートは定かではないが、東京→(京葉線)→蘇我→(外房線)→茂原→(東金線)→成東で、ここから総武本線で千葉へ戻ったような気がします。生憎の雨だったこともあり、車窓の景色はあまり印象に残っていません。


10e5f92f.jpg


d4ded903.jpg


千葉駅弁・万葉軒さんのロングセラー、「トンかつ弁当」。

500円というお得な値段で、ご飯の上にカツがデーンと乗っているだけのシンプルなもの。

パッケージもスーパーのお惣菜、あるいはたこ焼き屋さんのテイクアウトに使用されるポリ容器で、この「駅弁らしくない」チープ感とボリューム感が魅力的です。

付け合せのおかずも、竹の子の角煮、昆布の佃煮、柴漬けだけで、ご飯が進むものばかり。野菜が全然足りませんね(笑)

「Simple is the best」を体現した駅弁の一つと言えるかもしれませんね。


e0a4b0c5.jpg


718d6162.jpg


新松戸に到着する常磐線~千代田線203系と営団(東京メトロ)6000系。
203系・6000系ともども過去のものとなりました。

撮影当日、格安夜行バスで東京駅に到着後、引退間近の常磐線103系を追いかけようと、京葉線~武蔵野線を回って新松戸に。103系とすれ違ったが、結局捕まえられずでした。その後、間もなく東京都区内から103系が消滅しました。

あれから10年後、千代田線は小田急とも相互乗り入れが実現。したがって、JR常磐線~営団千代田線~小田急(我孫子~唐木田間)の3社相互乗り入れ体制となり、さすが首都圏の鉄道はスケールが違いますな。小田急の車両が千葉県の常磐線にも姿を見せるようになるとは、当時では考えられませんでした。


ad2e5323.jpg


f8e6b9fe.jpg


千葉県東部の銚子駅と利根川河口です。
利根川の対岸は茨城県です。
2005年3月、「青春18きっぷ」で訪れました。

銚子駅はJR総武本線の終点で、ここから銚子電鉄が君ヶ浜・犬吠・外川方面へ発着しています。
総武本線銚子から西へ一駅、松岸では成田線と分岐。
千葉-銚子間の列車には、総武本線(成東)経由と成田線経由があります。

銚子市の観光名所といえば、犬吠埼・君ヶ浜が代表的でしょう。
犬吠埼には「世界灯台100選」に選ばれた犬吠埼灯台が立っています。
ここは、日本一早い初日の出を拝めるスポットでも有名です。

銚子の特産品として、醤油とイワシなどがあります。


ed993a7e.jpg



e9bffe65.jpg



成田線(成田-佐原-銚子)の車窓です。
113系スカ色ばかりだった頃です。

成田線をはじめ千葉県北部(下総地方)は平坦な野原の景色がどこまでも続くイメージですね。
2枚目の写真の奥に写っている川は利根川です。

ちなみに千葉県の農業産出額は全国で4位だそうです。落花生・日本ナシ・枝豆など全国第1位の品目も多く、米・畜産についても全国上位に位置しているのは意外です。

銚子からの折り返しは総武本線(成東経由)で千葉・東京へ戻りました。

↑このページのトップヘ